恵那市で活動する社会奉仕団体、恵那ライオンズクラブの公式ホームページです

会長挨拶

▶トップページへ戻る

一年間を振り返って

「結束固め地域に奉仕」とスローガンを掲げ、昨年7月スタートから1年間活動をすることができました。任期を終えた者は誰もがいう言葉ですが、「終えてみるとあっという間の1年間でした」。 第20回を迎えた「かんきょうとくらしの絵手紙コンクール」は、今年は513点の応募がありました。応募作品は、「自然・故郷・家族・友達」など身近なテーマを取り上げたものであり、まさに「かんきょうとくらし」にふさわしいものでした。応募者は幼児から70才代までと幅広い年齢層から応募があり、20年間継続してきた成果が感じられました。今後も引き続き継続していく予定です。 また、スポーツを通じての青少年健全育成活動としては、スポーツ少年団野球大会、ミニバスケットボール大会、柔道大会、相撲大会への助成を例年通り行って参りました。 薬物乱用防止出前講座は、今年は初めて特別支援高等部で行いました。生徒達には真剣な表情で受講していただきました。最近は、覚醒剤等薬物関係のニュースが報道にて取り上げられることが多くなった様に感じます。社会に出たとき、少しでも役に立てるような知識を学習していただくことができたと思います。 その他、地域への奉仕活動としては、恵那病院清掃奉仕活動、恵那峡ハーフマラソン会場におけるボランティア活動等行ってまいりました。 恵那ライオンズクラブの活動は、「地域に奉仕」を掲げて活動しています。 皆さまのご支援とご協力をお願い申し上げます。

恵那ライオンズクラブ前役員